株移動平均線とローソク足を目視だけで売買の判断が出来る - 株価移動平均線を使った株式投資手法

株価移動平均線を使った株式投資手法

1LINEトレードメソッド・638.gif
1LINEトレードメソッ ド 公式サイト
毎日ネットで15分、たった1本の線をチェックするだけのシンプルな株式投資手法

株移動平均線とローソク足を目視だけで売買の判断が出来る


1LINEトレードメソッド


本日はかなり有益な情報が届きましたので、
ご共有させていただきますね。

いきなりですが、株式投資をされている方に質問です!
貴方は以下のうちどのようなテクニカル指標で売買をされていますか?

1.ボリンジャーバンド
2.MACD(マックディー)
3.ストキャスティクス
4.一目均衡表
5.複数の移動平均線
etc

いくつかのテクニカル指標を組み合わせて使っていたり、
1つのテクニカル指標を使ったりと、
使い方は様々だと思いますが、
果たして、上記のような複雑なテクニカル指標を使って
貴方は利益をあげることが出来ていますか?

もしも、勝てていると言う方は、
それが貴方に合ったテクニカル指標かもしれません。

しかし、勝てていないのであれば、
それは貴方に適合(マッチ)したテクニカル指標ではない事を
意識していただかなければなりません。


実は私も、以前は難しいテクニカル指標を使っているうちの1人でした。

資金がどんどんマイナスになるばかりで全く勝てていませんでした。

そんな中、ある先生のセミナーに行こうと株仲間の友人に誘われ、
その時に教わったのが、
移動平均線を1本使った株売買手法なのです。

以前までは移動平均線は、2本とか3本とか使っていましたが、
たった1本しか使わなくてもいい事実を聞かされ驚きを隠せませんでした。

更に、その時に先生がお話されていたのは、

“銘柄”によって利益を出せる移動平均線の値(パラメーター)は既に決まっているので、
単純に移動平均線とローソク足を目視だけで売買の判断が出来る!


と言う内容でした。

先生は予め、東証1部に上場しているおおよそ300銘柄を
過去15年間にさかのぼり1銘柄ずつ検証をして、
どの値(パラメーター)の移動平均線を設定すれば、
各銘柄ごとにに一番フィットしているのかを徹底的に調べあげたそうです


その結果、東証1部に上場している300銘柄のうち、
最も利益が出せる銘柄数は、
「たった○銘柄ほどしかなかったのです!」

1LINEトレードメソッド・チャートの設定.PNG

あらかじめ利益が出せる銘柄と、
1番フィットした移動平均線を設定するだけで、
後は株移動平均線とローソク足の関係だけを見て
売買の判断が出来ると言うことです。


・ローソク足が移動平均線を越えたら買う
・ローソク足が移動平均線を割ったら売る

これを繰り返すだけなので、
エントリーポイントも、
利確のポイントも、
どの株銘柄にするのかも、
全てルール通りに実践するだけなのです。

早速、セミナーを受けた後に、
先生に教えていただいた通りに試した結果がコチラになります。

<売買履歴>
1LINEトレードメソッド・売買履歴13,024円.PNG
http://1-linetrade.com/kuwadotenn.jpg

テストも兼ねて株を保有をしたので、
試しの100株で13,024円の利益でしたが、

1000株であれば130,240円
10000株であれば1,302,400円

の利益となります。

驚くことに、この株トレードに要した時間は、
サインが出てからわずか6日間なんです。

この株式手法が確信へと変わった今では順調に株の保有数も増やし、
給料以外の「ボーナス」を東京株式市場から毎月もらっているという確かな実感から、
この株式手法を開発された紫垣英昭先生に感謝の言葉しかありません。

私はセミナーで先生に教えて頂きましたが、
今は貴方の好きな時間にオンラインで先生の株式手法を学ぶ事が出来るのです。

負けトレーダーを脱出したい人は、
必ずチェックしてみて下さい。
(株式会社カーロットさんからのメールより)


公式サイトはこちらから
1LINEトレードメソッド・360.gif

1LINEトレードメソッド
公式サイトはこちらから


株移動平均線とローソク足を目視だけで売買の判断が出来る


1LINEトレードメソッド  まとめ
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451565587
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック